お子様連れのお客様へのお願い

いつも保護犬・保護猫カフェ川西店をご利用くださりありがとうございます。
お子様連れのお客様にお願いがあります。

お子様から絶対に目を離さないでください

保護犬・保護猫たちは大人しい子が多く、自ら危害を加えることはまずありません。
しかし、過去に嫌な目にあった子や怖い思いをした子もたくさんいます。
いきなり後ろから持ち上げたり、追いかけ回したりすることは絶対にやめてください。
大人しい保護犬・保護猫たちも、自衛のために攻撃をする可能性はあります。
また、お子様による無理な抱っこも絶対にやめてください。
2kgという小さなサイズでも、お子様にとっては十分な重さですので大けがにつながる恐れがあります。
不慮の事故やケガを防ぐためにも、必ず保護者様の監督責任の下触れ合って頂くようお願いします。
万が一、ワンちゃんが噛んだりして、お客さまに危害を加えた場合、応急処置はいたしますが、以降の治療費等のお支払いは致しかねますのでご了承ください。

乳児のお子様は常時抱っこでお願いします

乳児をお連れの場合、店内では必ずお子様を抱っこして頂き、離さないようお願いします。
特に、お子様がハイハイで店内を移動する行為は大変危険ですので絶対におやめください。

店内ではお静かにお願いします

・大きな声を出す
・店内を走り回る
・ソファの上で飛び跳ねる
・保護犬のおもちゃのボールでお子様同士キャッチボールをする
これらの行為は保護犬・保護猫たちにとってストレスになりますので、お辞め頂きますようお願いします。

お子様用飲食物の持ち込みはご遠慮ください

お子様用の飲食物をフロアでお召し上がりになるお客様がたまにいらっしゃいますが、ご遠慮いただきますようにお願いいたします。
衛生上の問題もありますし、保護犬たちがお子様の食べ物を欲しがり、ケガにつながる恐れがあります。

最後に

多くのお客様はマナーを守ってくださっている中、この様な注意をさせて頂くのは大変心苦しいのですが、不慮の事故が起きてからでは遅いので、お願いさせて頂きました。
お子様連れNGなお店も多い中、そうしない理由は、少しでも里親様になって頂く方の門を広げるためです。
事実、小さなお子様のいらっしゃる家族へ、兄妹として迎えて頂いた保護犬・保護猫もたくさんいます。
一部の方のために、すべてのお子様連れの方をお断りするのは本意ではありません。
どうか、誰も痛くて悲しい思いをしなくて済むように、ご理解とご協力をお願いいたします。
分からないことがありましたら、近くのスタッフにお声かけください
触り方や、触っても大丈夫な子、抱っこが苦手な子、得意な子など説明させて頂きます。

以上のことを守って頂けない場合は、スタッフよりお客様にお声かけさせて頂きます。
改善していただけない場合は、入店をお断りさせていただくこととなりますので、ご了承ください。
どうぞ、ご配慮のほどよろしくお願いいたします。